『年末ジャンボ』発売開始!「宝くじ」を買ったことがある人、もっとも多い年代は?

Evgeny Atamanenko/shutterstock.com

『第862回全国年末ジャンボ宝くじ(抽選日2020年12月31日)』の発売が、今日からスタートです。宝くじは夢を買うと言われますが、もし当たったら…と考えると、なんだかワクワクするのは間違いありません。

でも実際に宝くじを買うとなると、本当に当たるのかなという気持ちも出てきますよね。そのため購入に踏み切れない人もいることでしょう。LINE㈱が運営するLINEリサーチが、「宝くじで1億円当たったときの使い道に関する調査」をしています。これをもとにして、宝くじ購入について考えてみたいと思います。

続きを読む

年齢が上がるにつれて宝くじ購入の割合が高くなる

LINE㈱が運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォームであるLINEリサーチの「宝くじで1億円当たったときの使い道に関する調査」で、宝くじを買ったことがあるかどうかとを質問したところ、年代が上がるにつれて購入の割合が増えていることがわかりました。買ったことがある人の割合は、以下の通りです。

宝くじを買ったことある?

10代:18%
20代:36%
30代:67%
40代:78%
50代:86%

拡大する

宝くじを買ったことがあるかどうか(出典:LINEリサーチの調査より)

なぜ年代が上がるほど宝くじの購入経験者が増えています。ここからは年代別に理由を考えていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ライターをしながら地方の田舎町で暮らしています。夫と子ども2人(高校生)の4人家族。家計の節約やお得情報を発信していきます。