同世代のみんなは、どれくらい貯蓄があるの?

Susan Schmitz/Shutterstock.com

お金の話は親しい間柄でもしにくいものですよね。

友人同士であればどうしても「年収の差」といったデリケートな話が絡みそうですし、似たような稼ぎ(のはず)の同僚とお互いの貯金額について話すの、ちょっとイヤじゃないですか?

家族構成や相続財産の有無、そして貯めるチカラも人それぞれ。収入額と貯蓄額は必ずしも比例しないことはみなさんもご存じかと思います。

とはいえ、「自分の貯蓄額って、世間からみるとどうなんだろう?」と思うことはごく自然なことでしょう。そこで、みんなの貯蓄額を、世代ごとに見ていきたいと思います。

続きを読む


同年代のみんなは、どれだけ貯蓄があるの?

総務省から公表された、「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2019年(二人以上の世帯)―」から、各世代別の貯蓄額の平均をみていきましょう。
 

全世代平均額・・・1755万円(1752万円)

  • 29歳未満・・・354万円(384万円)
  • 30歳~39歳 ・・・730万円(631万円)
  • 40歳~49歳・・・1076万円(1012万円)
  • 50歳~59歳・・・1704万円(1778万円)
  • 60歳~69歳・・・2330万円(2327万円)
  • 70歳以降・・・2253万円(2249万円)

( )内は2018年の金額です。

ただし、特に現役世代に関しては住宅ローンの返済中という人も多いでしょう。次では、各世代の負債額の平均についてもみていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。