我が子の「また買えばいいじゃん!」に愕然…対策におこづかい報酬制は有効?

すぐにものをなくしてしまうような、ものを大切に使おうとしない子どもに対して、「どうすればわかってくれるのだろう…」と頭を悩ませた経験はありませんか?

「大事にしなきゃダメでしょ?」と言っても、「買えばいいじゃん!」という返事がきたときには、怒りを通り越して愕然としてしまうものです。

今回は、「買えばいい」で済ませる子どもに、ものやお金の大切さを教えるための方法をご紹介していきます。どんなふうに伝えて行動していけば、子どもたちにその大切さが伝わるのでしょうか。

続きを読む

お気に入りをなくしたのに「また買えばいい」!?

まず、5歳の女の子がいるAさんのエピソードを紹介します。Aさんの娘さんには、とても大切にしているメモ帳があったそう。しかし、お友達と一緒にお出かけをした際、どこかに落としてきたのか、なくしてしまったようなのです。

「テーマパークで好きなキャラクターが描かれたメモ帳を買って以来、娘はすごく大切にしていて、文字や絵を書き込むことすらためらうほどのお気に入りだったんです。ある休日に友人家族とお出かけをした際、そのメモ帳を持って出たら、帰宅後なくなっていることに気づいて。慌てて探したけれど、結局見つからなかったんです。ショックを受けているだろうと心配しましたが…」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

スポーツ推薦で入学した短大を卒業後、生命保険の営業やフィットネスジムのインストラクター、コールセンター勤務などを経験。出産後、新たな分野にトライすべくライターとしての活動をスタート。恋愛系・お金系・子育て系など、さまざまなジャンルの記事を、「くらしとお金の経済メディア LIMO」や「moneliy(マネリー)」などのメディアに執筆中。