150万枚売れた「100回洗える西川マスク」親子で使える新作「スヌーピーデザイン」が可愛いすぎ

まだまだ続くコロナ禍の中、相変わらず必需品となっているマスク。布団などの寝具で有名な西川でもこれまで「西川の100回洗えるマスク」シリーズを展開し、累計販売数150万枚を超える反響を受けてきました。

優れた耐久性と着け心地の良さが評判の西川のマスク。10月2日には世界的人気コミック「PEANUTS(ピーナッツ)」デザインの「スヌーピー 洗えるマスク」10万枚の販売を開始し、早くも好評となっているようです。

*****************

西川株式会社は1566年創業の450年を超える実績を持つ会社です。未上場ですが、資本金は一億円で、マイナビ2021「西川株式会社 基本情報」によりますと、2019年度の売上高は638億円2600万円でした。マスクシリーズは月間40万枚、年間300万枚の生産を計画。すでに「洗えるマスクシリーズ」は150万枚の販売数を超えています。好調のマスク販売に加え、コロナ禍で巣ごもり消費も増加しているため、寝具を扱う企業として2020年も成長がさらにみこめそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大手出版社の編集者を経て、経済、ライフスタイルのメディアで編集・ライターとして活動。時事問題、ライフスタイル、エンタメなど、独自の視点から幅広いジャンルの執筆を行う。