給与1000万円を超える人は全体の何%か

miniwide/Shutterstock.com

給与で1000万円というのは大台でもあり、ビジネスパーソンとしては一つの目標としている方も多いのではないでしょうか。

もっとも、給料が増えれば税金も増えるので、そこまで必死に働いでも仕方ないと考える人もいることも事実です。

とはいえ、「社会人になってからは給与が上がることが楽しいと」いう方もいらっしゃると思います。

そこで今回は最新の国税庁の資料を使って、給与所得で1000万円を超える人が国内にどれくらいののかについて見ていきたいと思います。

続きを読む

給与階級別給与所得者数及びその人数

国税庁が2020年9月に発表した「令和元年分 民間給与実態統計調査」によれば、 給与階級別給与所得者数とその構成比率については以下の通りになっています。

  • 100万円以下:456万8000人
  • 100万円超 200万円以下:743万2000人
  • 200万円超 300万円以下:783万8000人
  • 300万円超 400万円以下:890万7000人
  • 400万円超 500万円以下:765万2000人
  • 500万円超 600万円以下:532万8000人
  • 600万円超 700万円以下:339万7000人
  • 700万円超 800万円以下:231万5000人
  • 800万円超 900万円以下:154万2000人
  • 900万円超 1000万円以下:101万2000人
  • 1000万円超 1500万円以下:185万人
  • 1500万円超 2000万円以下:43万6000人
  • 2000万円超 2500万円以下:12万4000人
  • 2500万円超:15万1000人

こうしてみると、給与階級別給与所得者数は、給与レンジで言うと300万円超400万円以下の階級が最も多い人数となっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX