元証券マンが解説、貯金を上手く増やす投資法

sesame/iStock

給料が安定して上がり続ける時代が終わる一方、税金や社会保険料などの負担は増すばかりです。

しかし、低金利が続いているため、貯金していても残念ながらお金はほとんど増えません。

これからは貯金だけでなく資産運用の力を借りて、資産を増やしていくことが必要な時代になっているのです。

貯金だけではお金が増えない

2019年の「老後資金2,000万円問題」で資産運用に関心のある人が増えています。

しかし、わが国の家計の金融資産は、ほとんどが金利のつかない預貯金です。

続きを読む

2018年3月時点 での日本の現預金比率は5割程度なのに対し、米国は1割程度。

一方、株式や投資信託などのリスク資産の割合は、米国が5割弱なのに対して日本は1割強にすぎません。

1998年からの20年で見ると 、米国の家計の金融資産は2.7倍に伸びていますが、日本は1.4倍にとどまっています。

これは、運用リターンの違いが主な原因と考えられます。

金融資産を増やしていくためには、株式や投資信託などで資産運用をおこなう必要があるのです。

では、資産運用をどのようにおこなっていけばいいのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
山下 耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社で営業・マーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。保有資格は証券外務員一種。ツイッターは@yanta2011