老後資金は「95歳」を想定して貯めるべき!? 「平均寿命」で考えるのは危険な理由

7月31日に厚生労働省が発表した簡易生命表によると、令和元年(2019年)の平均寿命は男性で81.41年、女性で87.45年でした。人生100年時代といわれるようになって久しいですが、まだ平均寿命は100年どころか90年にも届いていません。

平均寿命でリタイアメントプランを考えることは危険

しかし、退職後の人生設計を考える際には、この「平均寿命」はあまり意味をなさないと考えるべきです。

というのも、平均寿命はその年に生まれた子どもの「平均余命」のことですから、現在の50代、60代の平均余命とは違っています。すでに50代、60代まで生き延びてきた方の、そこからの「平均余命」は新生児のものより長くなるというわけです。

続きを読む

「平均余命」は、ある年齢の人がその後生きる年数の平均値を計算したものになります。たとえば、2019年の60歳の「平均余命」は男性で23.97年、女性で29.17年でした。

すなわち、60歳男性の平均余命年齢は男性で84歳、女性で89歳2か月と計算できます。しかし、この「平均余命」は、亡くなる方の分布が若干前倒しになっていることから、半分の方がなくなる、いわゆる50%生存確率の年齢よりも若くなる傾向があります。

フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所では、簡易生命表を使って、50%生存確率の年齢を計算してみましたが、60歳男性で1年3か月、女性で1年5か月ほど「平均余命」より長くなりました。退職後のライフプランを60歳の「平均余命」で計算すると、実際には1年以上の資金不足を想定していることになります。

20%確率で95歳を想定

さらに50%生存確率でも課題が残ります。50%生存確率は、裏返してみると50%の方がそれよりも長生きするという年齢ですから、この年齢を使ってライフプランを考えると、その段階で半分の方は予定の資金では不足するということが明示されたプランと言い換えることもできます。

そこで、フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所では、生存確率20%を使って、95歳までのプランを計画するべきだとみています。60歳の方の20%生存確率は、男性で92歳、女性で96歳ですから、夫婦合わせて95歳くらいと想定しようという考え方です。

現在の年齢別・生存確率別年齢 (単位:歳、%)

拡大する

出所:厚生労働省令和元年簡易生命表よりフィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所作成

<<これまでの記事はこちらから>>

フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所 所長 野尻 哲史

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。
日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。
著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。
調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照