日経平均続落。後場に入って様相が一変!粗い値動きが続く

【東京株式市場】2016年8月18日

株式市場の振り返り-粗い値動きの中で続落、またしても後場に様相が一変

2016年8月18日(木)の東京株式市場は続落となりました。日経平均株価は前日比▲1.6%の下落、TOPIXも▲1.6%の下落で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数も▲2.2%の下落となりました。

日経平均株価は、再度の円高進行を受けて前日比▲95円安で寄り付いた後、徐々に下げ幅を縮小し、前場の引け値は▲31円安まで切り返しました。しかし、後場に入ると様相が一転、下げ幅を広げ続け、とりわけ、大引けに掛けて下げは画を拡大して一時▲264円安となる場面がありました。結局、大引けは▲259円安の16,486円で終わっています。

続きを読む

東証1部で上昇したのは304銘柄、値下がり1,594銘柄、変わらず75銘柄でした。東証1部の出来高は18億7,609万株、売買代金は2兆1,485億円(概算)となっています。残念ながら、商いは今一つ盛り上がりませんでした。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

セクター動向と主要銘柄の動き-33業種中32業種が下落、ソフトバンクGが大幅下落

東証1部の33業種中、上昇したのは僅か1業種(パルプ・紙)のみで、残り全ての業種が下落しています。下落率の大きい業種には、内需関連、ディフェンシブ業種、金融関連など様々でしたが、円高が進んだ割には、精密機器を除く輸出関連業種は、極端に大きな下落となっていないのが特徴です。

個別銘柄では、オリンパス(7733)が急落し、ソフトバンクグループ(9984)も大幅下落となりました。ファーストリティリング(9983)も値を下げ、中部電力(9502)や関西電力(9503)などの電力株が年初来安値を更新する不振となっています。また、塩野義製薬(4507)などの薬品株も軒並み下落しました。一方、主力株の中では、ソニー(6758)、東京エレクトロン(8035)などが堅調に推移し、任天堂(7974)も値を上げました。また、前日に決算発表を行ったドンキホーテホールディングス(7532)の上昇も目を引きました。

本日(8月19日)の注目点-ジャクソンホール会議を睨んだ揺さ振りが続く可能性

名実ともにお盆休み明けとなった18日は、前々日の後場のような激しい値動きとなりました。為替相場が一時100円/ドルを割ったことも含め、短期筋による揺さ振りが続いていると見られます。このような場中の激しい値動きは、ジャクソンホール会議(26日)を睨んだ動きとして、19日(金)のみならず、来週いっぱい続く可能性があります。慌てず、騒がず、腰を据えて臨みましょう。ただ、あまりにも大きく値下がりする局面ならば、最小投資単位で拾うことも選択肢の1つとなります。

18日の為替相場は一時100円/ドルを割り込む場面がありましたが、100円/ドルを大きく割り込むような水準、例えば、97~98円/ドル台までの円高に持っていくエネルギーは不足している印象があります。場中に為替が動いて輸出関連株が下落する局面があれば、投資資金に余裕のある個人投資家は、コツコツ拾っていくのも有効と考えられます。ただし、深追いは禁物ですし、一方的なスタンスが論外であることは言うまでもありません。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。