年収600万円の世帯はいくら貯金しているのか?

miniwide/Shutterstock.com

今年続編が放送され高視聴率を記録しているドラマ「半沢直樹」。毎回スリル満点の展開に手に汗握りながら観ている人も多いのではないでしょうか。

「銀行員は大変なんだな」、と思ったところで、国税庁公表の「平成30年分民間給与実態統計調査結果について」をみてみると、「金融業・保険業」の平均給与は631万円です。これは業種の中で2番目に高い水準です。年収600万円あればいくらか貯蓄に回せそうだなと感じる人もいるかもしれません。

続きを読む

そこで今回は年収600万円の世帯はどれくらい貯蓄があるのかをみていきたいと思います。

年収600万円の世帯の平均貯蓄額はどれくらいか

それでは早速年収600万円の世帯の平均貯蓄額をみていきたいと思います。

総務省発表の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果(二人以上の世帯)」によると、年収600万円~650万円の世帯の平均貯蓄額とその内訳は以下のとおりです。

平均貯蓄額:1,072万円

  • 通貨性預貯金:324万円
  • 定期性預貯金:403万円
  • 生命保険:238万円
  • 有価証券:80万円
  • 金融機関外:27万円

次に、年収650万円~700万円の世帯の平均貯蓄額とその内訳は以下のとおりです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。