菅発言で富士製薬工業が大爆騰! 日経平均株価は3日ぶり反発

【東京株式市場】 2020年9月8日

その他では、ファーストリテイリングが年初来高値を更新し、ローム(6963)など電子部品株の一角が大幅高になったことが目を引きました。

日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄

  • ダイキン工業(6367)
  • ソフトバンクグループ(9984)
  • エーザイ(4523)

前日に急落したソフトバンクグループが反発することなく続落となり、自動車株ではホンダ(7267)が大幅安となりました。

また、株価上昇が続いてきたゲーム関連株が利益確定売りに押され、任天堂(7974)が一時▲5%安に迫る急落となり、スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)も大幅安で引けています。

その他では、プラズマクラスターで空気中を浮遊する新型コロナウイルスが減少する効果を実験で確認したと前日に発表したシャープ(6753)が寄り付き直後に急伸したものの、次第に値を消し始め、終値は下落したことが注目を集めました。

葛西 裕一

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。