定年後70歳代、老後の貯蓄格差はどこまで大きいか

miniwide/Shutterstock.com

 少し時をさかのぼり、今から22年前の平成10年。映画「リング」の大流行によりみんなが呪いのビデオテープに恐怖していた時代、日本の100歳以上の人口が1万人を超えたことも話題となりました。

そして現在。令和元年時点の日本の100歳以上の人口は7万1千人と、22年前の7倍にまで増加しました。最近では「人生100年時代」というフレーズが話題になっていますが、このペースで日本の100歳以上の人口が増加するなら、このフレーズは決して大げさな話ではないといえます。

続きを読む

2021年4月から70歳までの雇用が企業に努力義務化されることになりました。「人生100年時代」を迎え、定年退職の年齢も今後は70歳が当たり前となることも想定できます。

しかし、70歳で定年退職を迎えても、その先に30年以上の老後生活が待っていることを思うと、老後までにいくらあると安心なのか気になるところでもあります。

そこで今回は、70歳代の貯蓄事情についてみていきたいと思います。

70歳代の人の平均貯蓄額はいくらか

早速、70歳代の世帯の平均貯蓄額と中央値をみてみたいと思います。金融広報中央委員会実施の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」の結果によると、金融資産保有世帯における70歳代の世帯の平均貯蓄額と中央値は以下の通りです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。