屈まずラクに脱ぎ履きできる「ワークマン693円スリッポン」ヘビロテする人も

税込693円の現場用スリッポン。日常使いでも人気

シューズの開発にも力をいれているワークマン。ワークマンブランドのシューズは、プロの現場向けのものからカジュアルなものまでラインナップされています。中でも、職人用の靴なのに、使える!と話題なのが、税込693円の現場用スリッポン「ロール底タイプカックスシューズ」。その特徴をみていきましょう。

屈まずラクに脱ぎ履きできる「ロール底タイプカックスシューズ」

カンフーシューズのようなデザインの「作業靴スリッポン」。現場靴としてはもちろん、普段使いとしても人気のようです。縫製がしっかりしていて、ソールもゴム製なので滑りにくく、真ん中のスリット部分がゴムで履き口部分がロールされている作りになっているので、屈まずにラクに履くことができます。カラーは、ホワイトとクロの2色。サイズは、24.5cm〜28cmの7サイズ。足のサイズが小さい女性には、大きいようです。

ロール底タイプカックスシューズ 693円

口コミ

・作業用ともあり動きやすくて軽いし、ゴム底がしっかりしているので滑りにくそう。さすが作業用ならではの高い機能性! 春先はロールアップジーンズに合わせたり、スカートと合わせてもかわいいデザイン。

・この作業靴スニーカーの最大の特徴はやっぱり着脱がラクチンなこと。朝夕の保育園送迎時もサクッと着脱できるのがヘビーローテションの一番の理由だと思います。

・この作業靴スニーカー、普通にヘビーローテション。毎日履いています。特に太めのパンツと合わせるのが気に入っています。

・作業靴なだけあって、軽さ・動きやすさはもちろん、ゴム底ソールがしっかりと滑りにくいのでセーフティシューズとしても安心感のある履き心地。そのうえ 693円 という価格なので、アクティブなシーンや子どもと遊ぶママ世代にも、手頃な価格で買える “高見えシューズ” はおすすめです!

オリジナルブランド「WORKMAN BEST(ワークマンベスト)」

ワークマンのプライベートブランドです。「ワークマンの商品はプロが認める品質と機能を搭載し低価格である。」この強みを活かし、あるべき品質が約束された価格訴求商品のブランドとなっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

大手出版社の編集者を経て、経済、ライフスタイルのメディアで編集・ライターとして活動。時事問題、ライフスタイル、エンタメなど、独自の視点から幅広いジャンルの執筆を行う。