定年でみんな、退職金をいくらもらっているか

Malika Keehl/Shutterstock.com

長年勤め上げた会社を退職する時、皆さんの口座に振り込まれるのが退職金です。まとまったお金が手に入る人生でも数少ない機会ですが、自分の会社に退職金制度があるのか、自分はいくらくらいもらえるのかをしっかりと把握している人は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、みんな定年時に退職金をいくらもらっているのかについてみていきたいと思います。

定年時にみんな退職金はいくらもらっているのか

まずは厚生労働省が公表している「平成30年就労条件総合調査 結果の概況 退職給付(一時金・年金)の支給実態」の中から、退職事由が「定年」の退職給付額をみてみると、以下の通りになります。

続きを読む
  • 大学・大学院卒(管理・事務・技術職):1,983万円
  • 高校卒(管理・事務・技術職):1,618万円
  • 高校卒(現業職):1,159万円

学歴、職種等により差があるものの、定年退職金の平均金額は1,000万円を上回っています。これを見ると、もらうのが楽しみという人も多くいるのではないでしょうか。

しかしここで注意していただきたいのは、この平均値は、退職給付(一時金・年金)制度がある常用労働者30人以上の民営企業が対象であるため、退職金の支給がない人については算入されていません。

しかし、同じく厚生労働省が公表している「平成30年就労条件総合調査 結果の概要 退職給付(一時金・年金)制度」の中で退職給付(一時金・年金)制度がない企業が19.5%あるため、およそ5人に1人は退職金を受取ることなく退職しているということがいえます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、京都信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。