ソニーが投資ファンドの保有株売却報道で大幅安! 日経平均株価は3日ぶり反発

【東京株式市場】 2020年8月19日

copy URL

東証マザーズ株価指数は5日続伸、売買代金は85日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億3,015万株、売買代金は2,522億円となりました。

出来高は前日より増加しましたが、売買代金はやや減っています。それでも、個人投資家の物色意欲が盛り返した結果、売買代金は85日連続で1,000億円を超え、さらに5日連続で2,000億円を上回っています。

また、株価指数も+3%高の大幅上昇で5日続伸となり、連日で年初来高値を更新しました。終値でもついに1,100ポイントを上回って引けています。

NECと富士通が揃って大幅高、投資ファンドによる売却報道のソニーは大幅安

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • ファーストリテイリング(9983)
  • リクルートホールディングス(6098)

世界的なDX(デジタルトランスフォーメーション)の流れに乗って、情報通信株の筆頭であるNEC(6701)と富士通(6702)に見直し買いが入り、揃って大幅高となりました。

また、ゲーム関連の物色も続き、任天堂(7974)が3日連続で年初来高値を更新し、スクエア・エニックス・ホールディングス(9684)も年初来高値更新となっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。