韓国株のパフォーマンスが日本株を大きく上回っているワケ

コロナ禍で、日本の多くの問題点があぶり出されています。アベノマスク、給付金下請け問題、GOTOキャンペーン、コロナ解雇など、全ては挙げられませんが色々ありますね。諸外国も苦しんでいますが、ここまで問題あり過ぎ政策を進めている主要国はなかなかないでしょう。

政治や政策はしがらみが多々ありますし、実務上うまくいかないことはしょうがないとしましょう。でも、いの一番の経済、その中でも日本株はいったいどうなっちゃったのでしょう。もちろん、コロナショック後は反発して“高値圏”で推移はしています。しかしながら、20年、30年というスパンで見ると、日本株のパフォ-マンスは目も当てられません。

続きを読む

欧米株のパフォ-マンスを凌駕できないのは、悔しいですが良しとしましょう。驚異的な経済成長を遂げている中国・香港に負けてもまだ諦めもつきます。でも、かつてアジアのナンバーワン、いえ”ジャパン・アズ・ナンバーワン”だったはずの日本、そして日本株はオワコンに近い状況です。

現実的に日本株は30年前からちっとも上がっていません(泣)。他の欧米アジア各国の株価が数倍になっているというのに…。筆者がこれぞと判断して数年前に買った某メーカー株は全然反応しませんし、日経平均株価やTOPIXも同じようなところをウロウロしているばかり。個別株が上がらないのは筆者の眼力に問題があるからなのですが、株価全体が上がらないのはやっぱり腑に落ちません。

さらに、日本株のパフォーマンスは、お隣の韓国株にも負けている状況なのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
太田 創
  • 太田 創
  • 一般社団法人日本つみたて投資協会
  • 代表理事

関西学院大学卒。1985年、三菱銀行入行。1988年より約10年間、ロンドンおよびサンパウロで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年からシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。
主要な著書には、『ETF投資入門 』(日経BP 2008年)、『お金持ち入門』(実業之日本社 2015年 共著)、『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版 2019年)などがある。