超初心者のための「つみたてNISA」の始め方4ステップ

投資信託って何?

投資信託ってどんなもの?

つみたてNISAで運用できる商品は投資信託です。投資信託(ファンド)とは、投資家から集めたお金を、運用の専門家が株式や債券などに投資をして運用し、その運用の成果を投資金額に応じて、投資家に還元する仕組みの金融商品です。

つまり、その投資信託(ファンド)を買えば、誰でも投資家になれ、運用は専門家に任せられるので、難しい投資の知識はなくても利益を得られる可能性があります。可能性と言及したのは、投資なので損をすることもあります。その点が元本が保証されている定期預金などとは異なるところです。

そのため、投資初心者はリスクを抑えた運用をすることが求められます。このリスクを抑えながら運用の成果を上げる方法が、「長期」「分散」「積立」の投資の王道と言われる3つです。

投資信託は、国内、海外、株式、債券などさまざまな投資対象に分散して投資します。これによってリスクが分散され、大きな損失を抑えられます。また、つみたてNISAの対象とされている投資信託は頻繁に分配金が支払われない商品が対象となっています。これは、分配金を再投資することで複利効果が得られ、運用効率が良くなるからです。この複利効果は長期で運用するほど大きくなります。

最後に積立です。投資をする時に、買い時のタイミング見て、購入数や購入金額を考えたりするのは初心者にはハードルが高いでしょう。毎月自動的に一定金額を買っていく積立方式であれば、手間がかからない上に、ドルコスト平均法という「安い時にたくさん買って、高い時には少なく買う」定額購入方法によって有利になる場合があります。

この「長期」「分散」「積立」がすべてできるのがつみたてNISAです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
石倉 博子(ファイナンシャルプランナー)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。
"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。
難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。
趣味は読書とイラストを描くこと。