50代で確認しておきたい「お金のこと」~退職金と年金はいくらもらえるのか~

50代の貯蓄と負債はどのくらい?

ここで、50代の貯蓄と負債の状況を確認します。

拡大する

世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高(総務省の資料をもとにLIMO編集部作成)

総務省統計局の資料(※5)によると、2019年の2人以上世帯の貯蓄現在高は平均1,755万円、負債現在高は570万円でした。50代に注目すると、貯蓄現在高が負債現在高を大きく上回っています。貯蓄現在高から負債現在高を引いた差額は約1,000万円です。

50代で負債を抱えている世帯の割合は全体の55.3%で、負債現在高652万円のうち578万円は「土地・住宅のための負債」です。50代で住宅ローンを完済していない人も少なくないとみられます。

収入が大きく減る定年退職後にローンの返済を続けていくのは容易ではないため、定年までにローンを完済することが望ましいでしょう。一方、「退職金でローンを一括返済しよう」と考えている人もいるのではないでしょうか。ここからは、退職金についてみていきます。

退職金はいくらもらえるのか

厚生労働省の資料(※6)によると、退職給付(一時金・年金)制度がある企業の割合は 80.5%で、約2割の企業には退職金制度がありません(2018年時点)。

退職金の支給額は減少傾向にあり、とくに大学・大学院卒の人で減少幅が大きくなっています。実績や能力を考慮して退職支給額を算出する企業も増えていますが、一般的にベースになるのは勤続年数です。

厚生労働省の資料をもとに勤続年数別形態別の平均退職給付額(合計額)のグラフを作成しました。

拡大する

勤続年数別形態別 退職給付額(厚労省の資料をもとに編集部作成)

大学・大学院卒で勤続年数35年以上の人には平均2,000万円を超える退職金が支給されています。一方、高校卒で勤続年数が35年未満の人は1,000万円に届きません。退職金でローンを一括返済すると、老後のための資金がなくなってしまう可能性も出てきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。