厚生年金や国民年金を老後にいくら、もらえるか

また、このような制度以外に、金融商品で資産運用することで老後資金を確保している人も少なくありません。例えばつみたてNISAでおなじみの投資信託や、貯蓄性の生命保険です。

このように、老後資金として2,000万円。ライフスタイルによって、あるいは介護が必要になったら、それ以上のお金が必要になることが現時点で分かってしまったがゆえに、今からでも少しずつ「快適な老後」に向けての準備を始められてはいかがでしょうか。

スマホOK!無料Webセミナー「お金の増やし方」「iDeCo/NISA始め方」他【PR】

毎日開催/無料オンラインセミナー/たった30分/資産運用初心者向け/月2万円からしっかり資産作る/iDeCo・NISAどっち?/投信選び/保険見直し/スマホやPCで簡単参加/カメラoff/講師陣は大手金融機関出身者/もやもや解消&問題解決あり

◆無料セミナー詳細とお申込みはこちらをクリック <株式会社OneMile Partners主催>

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

同志社大学卒。大学卒業後、金融機関で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は役所で主に中小企業支援などに携わり、現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポートを行う。ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、一種外務員資格などを保有。