ヒートアップすると離婚の危機に…!夫婦喧嘩でやりがちなNG行動

夫婦喧嘩でやりがちなNG行動

夫婦喧嘩中は、我を忘れて思わぬ行動に出てしまうこともあります。内容によっては、夫婦喧嘩がヒートアップして、取り返しのつかない事態を招く場合も。ここでは、夫婦喧嘩でやりがちなNG行動を紹介します。

相手を傷つける言葉をいう

喧嘩中は「負けたくない」という気持ちから、酷い言葉が出てしまうケースも多いです。相手の容姿、人柄、過去の失敗などを持ち出して、傷つけてしまうことも。喧嘩中とはいえ、相手を傷つける言葉は、後にしこりを残すことになります。

考え方を押し付ける

夫婦が必ずしも同じ考え方を持っているとは限りません。「自分が正しい」と相手に自分の考え方を押し付けることはやめましょう。また、「常識だ」「一般的に考えて」「周りはみんなそう」などの言葉を使って、自分の考えが客観的にも正しいと押し通すのも、あまりよくありません。

子どもを巻き込む

夫婦喧嘩に子どもを巻き込むケースもあります。「ママの味方だよね?」「パパが正しいよね?」と言われても、子どもは困ってしまいます。また、夫婦喧嘩を目にすることで、子どもが精神的に追い詰められたり、暴力的になったりと悪影響を受けることも。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

証券会社で営業を経験したのち、エステティシャンの資格を取得して、自宅でホームエステとメイクや美容に関するアドバイスをしています。
現在は2人の子供を育てながら、webライターとエステティシャンの二足のわらじで活動中です。