ヒートアップすると離婚の危機に…!夫婦喧嘩でやりがちなNG行動

喧嘩中は冷静に判断できず、後悔することが多い 

夫婦喧嘩はほんの些細なことをきっかけに始まることも多いです。例えば「夕飯の感想がない」「洗濯物がかごに入っていない」など、普段は気にならないようなことが原因に。夫婦喧嘩に発展するのは、蓄積された「不満」があるからなのかもしれません。

冷静に判断できない

夫婦喧嘩が始まると、お互いに冷静な判断ができなくなります。普段は口に出さないような言葉が出たり、乱暴な行動をしたりすることも。それが本心からでなくとも、相手を傷つけてしまうおそれがあります。

後悔が押し寄せる

言い合いによる喧嘩が1度落ち着くと、仲直りまでお互いの存在を無視する時間がやってくることも。このとき、喧嘩中のことを思い出して腹を立てる人もいるでしょう。また、冷静になって、自分が喧嘩中に発した言葉や行動を後悔する場合もあります。

疲弊する

喧嘩中は家で過ごしていても、お互いの存在を無視したり、言い合いになったりします。だんだんと、居心地の悪さを感じて家に居たくないと感じることもあるでしょう。また、夫婦喧嘩によって気持ちもすり減るため、長引けば長引くほど疲れを感じます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

証券会社で営業を経験したのち、エステティシャンの資格を取得して、自宅でホームエステとメイクや美容に関するアドバイスをしています。
現在は2人の子供を育てながら、webライターとエステティシャンの二足のわらじで活動中です。