お金を貯めたい人が「やってはいけない」4つの習慣

クレジットカードを利用して支払いをすることで、ポイントを貯めることができるので、上手に使えば節約にもつながります。しかし、ポイントのお得感に気を取られてしまい、何でもかんでもクレジットカードで支払っていると、「つい使いすぎてしまった…」と利用明細を見て後悔することも。

そんなときに、便利なのはクレジットカードの分割払いやリボ払いです。分割払いとリボ払いには、手数料がかかるというのはご存知かと思いますが、なかでも習慣化してしまうと危険なのはリボ払いです。

リボ払いは、お買い物の金額にかかわらず、あらかじめ設定した金額を毎月支払っていくという方法であるため、月々の支出が一定になり管理しやすいというメリットがあります。

その一方で、分割払いのように自分で指定した回数で支払いが完了するわけではないので、知らず知らずのうちに残高が膨らみやすく、その分手数料などで最終的な支払額も割高になってしまうという危険性もあります。

リボ払いを利用するときは、やみくもに毎月の支払額を決めるのではなく、きちんと計画性を持って利用するように心がけましょう。

まとめ

本記事では、お金を貯めたい人がやってはいけない4つの習慣についてご紹介しました。貯金を始めると「貯める」ということに意識が向きがちですが、無駄な支出につながっている習慣を「やめる」という視点を持つことも重要です。

今まで貯金が上手くいかなかった…という方は、まずは自分の習慣を見直し、「何をやめるべきか」を考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

【参考】「三菱UFJ銀行、本日からコンビニATM手数料を平日“2倍に値上げ”」(BCN+R)

タナカ チアキ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。