50歳の人は、将来どれくらい年金をもらえるのか

2019年、金融審議会「市場ワーキング・グループ」報告書から始まった「老後2,000万円問題」。年金にプラスして2,000万円必要という試算ですが、では一体年金はいくらもらえるのでしょうか。今回は、50歳の人の予想年金受給額についてみていきます。

年金の保険料と支給額はいくら?

国民年金の保険料は毎年度見直しが行われており、令和2年度(2020年度)は月額1万6,540円となっています。

40年間満額納めた場合は、月額6万5,141円支給されます。2019年度は月6万5,008円となっており、法律の規定で0.2%の増額となっています。

続きを読む

厚生年金(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額※1)の支給額は、2020年度は22万724円、2019年度は22万266円となっています。

2019年に話題となった、金融庁の「老後2,000万円問題」はこの「夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額」(厚生年金)を想定して展開されています。夫婦2人とも国民年金(老齢基礎年金)の場合や、満額支給されない場合は、もう少し低くなると考えておいた方が良いでしょう。

(※1)平均的な収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43.9万円)で40年間就業した場合に受け取り始める年金(老齢厚生年金と2人分の老齢基礎年金(満額))の給付水準

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。
現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。