50歳の人は、将来どれくらい年金をもらえるのか

65歳と50歳の予想年金額を比べると?

年代でもらえる年金額は変わるのでしょうか?経済成長率(実質<対物価>)0.9%の場合の予想年金受給額(65~90歳)をみてみると、

経済成長率(実質<対物価>)0.9%の場合

1954年度生(65歳):6,547万2,000円
1969年度生(50歳):7,196万4,000円

となっています。経済成長率が上がっていけば、年金受給額は増加していくようです。一方、経済成長率(実質<対物価>)0.0%の場合をみてみると、

経済成長率(実質<対物価>)0.0%の場合

1954年度生(65歳):6,445万2,000円
1969年度生(50歳):6,231万6,000円

となっています。経済成長率が0の場合は、50歳の予想年金受給額が減少しています。

まとめにかえて

モデル年金は、夫がまったく失業せず、40年間何事もなく男性の平均的な収入をもらい続け、妻は40年間専業主婦の夫婦を想定しています。未婚の人や非正社員の人が多くなっている現代においては、あまり一般的ではないかもしれません。

まずは「ねんきん定期便」を確認しましょう。そして早めに老後資金の計画を立てていきたいですね。

参考

「金融審議会「市場ワーキング・グループ」報告書の公表について」金融庁
「令和2年4月分からの年金額等について」日本年金機構
「将来の公的年金の財政見通し(財政検証)」厚生労働省
「厚生年金や国民年金をみんな、いくらもらっているのか」LIMO

尾藤 ちよ子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

埼玉大学経済学部卒業後、テクノロジー関連の専門紙の記者に従事。現在はビジネス・経済系メディア向けの執筆を行う。2児の母。