「こすらない洗剤」は本当にキレイになるの?試してみた

お風呂・トイレ掃除編

ra2 studio/shutterstock.com

お風呂掃除にトイレ掃除、毎日やったらキレイになるのはわかるけれど、屈んでゴシゴシこするのが面倒で仕方ない…なんて人も多いのではないでしょうか。そんな憂鬱な水周りのお掃除をラクにしてくれるのが、「こすらない洗剤」

今回は、こすらない洗剤の特徴と実際に使ってみた感想、こすらない洗剤として代用できるお掃除アイテムなどをご紹介します!

家事をする約3割の人が「お風呂掃除をしたくない」!

お風呂は毎日入るから、お掃除だって毎日するのが理想的。しかし、2019年にマイボイスコム㈱が家事をする人1万116名を対象に行ったインターネット調査(※)によると、およそ28.9%の人がお風呂掃除を「やらなくて済むならやりたくない家事」としてあげています。

続きを読む

かくいう筆者もお風呂掃除が嫌いな主婦のひとり。そこで、どうしてお風呂掃除が嫌いなのか考えてみたのですが、やはり浴槽を掃除する時にしゃがみこんでスポンジでゴシゴシとこするのが面倒だからだと思い当たりました。

こすらない浴槽洗剤がお風呂掃除を変えた!

そんな浴槽掃除を変えたのが、巷でも話題のこすらない浴槽洗剤『ルックプラス バスタブクレンジング』(ライオン)。濡らした浴槽に泡タイプのスプレー洗剤を吹きかけて1分置いてから流すだけ、という画期的な浴槽洗剤です。

とはいえ、今まで水垢汚れや皮脂汚れをスポンジでせっせと磨いていた者としては、本当にこすらずに汚れが落ちるのか気になります。そこで商品を購入し、自宅の浴槽で使ってみることにしました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

正社員として6年間勤務の後、結婚を機に退職し、派遣社員として4年ほど勤務。出産を機に退職した後は、転勤族の夫に同行し赴任地で子育て奮闘中。小学生・幼稚園生の娘を育てながら、社会人時代の経験や家事・育児の経験を踏まえたリアリティのある記事を提供します。