【ポケモノミクス相場】日経平均は先高観を維持し4日続伸の中アベノミクスにも期待

【東京株式市場】2016年7月14日

株式市場の振り返り-日経平均株価は4日続伸、売買もまずまずの活況を維持

2016年7月14日(木)の東京株式市場は続伸となりました。日経平均株価は前日比+1.0%の上昇、TOPIXも+0.8%の上昇で引けています。ともに4日続伸です。一方、新興株式市場の東証マザーズ総合指数は▲0.5%下落する続落となりました。

日経平均株価は、前日比+10円高で寄り付いた後、間もなく▲2円安のマイナスに転じました。しかし、それから再び買いが優勢となり高値圏を推移した後、後場の終盤に一時+167円高まで上昇しました。結局、大引けは+154円高の16,385円で終わっています。

続きを読む

東証1部で上昇したのは1,119銘柄、値下がり696銘柄、変わらず152銘柄でした。東証1部の出来高は20億4,920万株、売買代金は2兆4,920億円(概算)となっています。出来高、売買代金とも前日より少し減少したのは気掛かりですが、まずまずの水準を維持しています。

  • 世界時同時に株価暴落中!いまこそ口座開設で株を買う準備を

セクター動向と主要銘柄の動き-33業種中29業種が上昇、金融関連は買い戻し一服

東証1部で上昇したのは29業種、下落したのは4業種でした。上昇率上位は、極端に買われた1業種(その他製品、+7.1%)を除くと、満遍なく買われた印象があります。他方、下落した業種では、ここ数日買い戻しが顕著だった金融関連が多いようですが、小幅下落に止まりました。

個別銘柄では、“ポケモノミクス相場”の立役者である任天堂(7974)が急騰し、またしても年初来高値を更新しました。その他の主力株では、ローソン(2651)、ソニー(6758)、コマツ(6301)、トレンドマイクロ(4704)、電通(4324)などが大幅上昇となりました。一方、ファーストリティリング(9983)、ホンダ(7267)、パナソニック(6752)などの大型株が値を下げ、東京電力ホールディングス(9501)も冴えない動きでした。

本日(7月15日)の注目点-“ポケモノミクス相場”に沸く中、ユニクロ株に注目へ

週明けから4日続伸となった日経平均株価は、未だ特段の過熱感も感じられず、先高観も強いようです。今回の上昇相場は、米国でのスマホ向けゲーム「ポケモンGO」が好調な任天堂の連日に渡る株価爆騰が牽引役となったことから、“ポケモノミクス相場”と呼ばれているようです。ポケモノミクス相場は、もう暫く続くような気配です。

ポケモノミクスに負けていられないと思ったかどうか定かではありませんが、本家のアベノミクス相場も、今後は具体的な景気対策が出て来る模様であり、相応の期待が持てましょう。また、為替相場がスルスルと円安に反転しており、内需関連も外需関連も買い上げる材料が豊富です。ただ、永遠に上げ続ける相場は存在せず、7月下旬から始まるQ1決算が相応に厳しいことを踏まえると、無暗矢鱈に上値を追い駆けるのは危険と言えます。週末15日(金)は、14日の引け後にQ3累計決算を発表したファーストリティリングに注目しましょう。

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。