「大卒イコール正規雇用」ではない現実。奨学金「無理なく返せる?」「教育ローンとの違いは?」

大学・短大進学率と、卒業後の就職者の割合

まず、文部科学省が2019年12月に公表した『令和元年(2019年)度学校基本調査(確定値)』の結果から、高等教育機関への進学に関する数字をみていきます。まずは、進学率からです。

高等教育機関への進学率

  • 大学・短大進学率…58.1%(前年度より0.2ポイント上昇で過去最高)
  • 大学(学部)進学率…53.7%(前年度より0.4ポイント上昇で過去最高)
  • 専門学校進学率…23.8%(前年度より1.1ポイント上昇)

また、上記に、高等専門学校4年生を含めた、高等教育機関進学率は82.8%となり、こちらも前年度より1.3ポイントの上昇で過去最高を記録しています。

では、卒業後の就職についてのデータもみていきます。

卒業者に占める就職者の割合

  • 高校卒業者…17.6%(前年度より0.1ポイント上昇)

うち,正規雇用は17.5% (前年度より0.1ポイント上昇)

  • 大学卒業者(学部)…78.0% (前年度より0.9ポイント上昇)

うち,正規雇用は75.3% (前年度より1.2ポイント上昇)

  • 大学院修了者(修士課程)…78.6% (前年度より0.1ポイント上昇で過去最高)

うち,正規雇用は75.9%(前年度より0.1ポイント上昇)

  • 大学院修了者(博士課程)…69.0% (前年度より1.3ポイント上昇で過去最高)

うち,正規雇用は54.8%(前年度より1.2ポイント上昇)

前年度からの就職者の割合、正規雇用の割合ともに上昇していることがわかります。ただ、その一方で、例えば大学卒業者(学部)なら、2.7%が「就職はできたが、非正規雇用である」という計算になります。また、同調査の結果から、一時的に仕事についた者が1.4%、または進学や就職の準備中、家事手伝い、ボランティアなどをしている者の割合は6.7%となっています。大学を卒業しても正規雇用以外の状態である人も一定数存在するということがわかります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。