コロナ禍で米エリート「パワーカップル」も収入減。日本の「パワーカップル」は大丈夫?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの負の連鎖はどんどん広がっています。米メディア(※1)によれば、アメリカは5月14日の時点で過去2カ月間の失業保険申請件数は合計3,650万件となり、失業率は14.7%と大恐慌時の25%に着実に近づいているということです。

当初、失業は飲食業など都市閉鎖によって直接影響を受けた業種からはじまりました。しかし、今や、安泰と言い切れる職業はなくなっているようです。

続きを読む

「パワーカップル」と呼ばる、高給な共稼ぎ夫婦にも高学歴だから、専門職だから、大手企業勤務だから、ダブルインカムだから…と安心してはいられなくなっているようです。

エリート医者カップルの失業

知り合いのあるご夫婦はお2人とも30代の医師です。いわゆるエリート「パワーカップル」です。しかし、COVID-19の治療に直接関係がない専門医のため、4月に奥さんが一時解雇、ご主人は時短勤務となり、一気に収入が減ってしまったそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

アメリカ在住。
アメリカの某大学卒業。専攻は経済学と会計学。日本の大手専門商社にて海外輸出業務に従事した後、アメリカでは大学のアクセシビリティサービスに勤務しアメリカの教育現場に携わる。現在は、アメリカの低所得層の子供達を対象にした学習支援団体に所属し小学生と共に成長中。趣味はピラティス(指導者認定資格取得)と映画鑑賞とスパイ小説(特にDaniel Silva)を読むこと。
Twitter :MikiBright3