上値が重い日経平均。米中関係悪化懸念、投資家の一喜一憂で波乱含み

【日経平均株価】テクニカル分析 2019年5月3日

日経平均は一時2万円を回復するが、その後は上値が重い

2020年5月1日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より574円34銭安の19,619円35銭となりました。

先週、国内市場は29日(水)が昭和の日の祝日で休場。週初27日、28日は2万円を前に上値の重い展開でしたが、休み明けの30日には終値ベースで20,193円69銭となりました。

終値が2万円を回復したのは3月6日以来、約2か月ぶりです。ただし、翌5月1日には、戻り待ちの売りなどにより再度2万円を割り込みました。

続きを読む

今週の展開はどうなるでしょうか。欧州の一部の国や、米国の一部の州で外出規制が緩和されていることなどから、経済活動再開への期待が高まっています。

その一方で、米トランプ大統領が4月30日、新型コロナウイルスの拡散は中国が初期対応を怠ったためであるとして、中国製品への関税の引き上げや損害賠償の請求などを検討していると語りました。

米中関係の悪化が懸念されたことから、1日の米株式相場は前日比で622ドル03セント安と大幅に下落し、23,723ドル69セントとなりました。日本株も連休明けから連れ安になる可能性があるので注意したいところです。

足元の相場が難しいのは、新型コロナウイルスの収束がまだ見えないにもかかわらず、投資家の期待感から、一喜一憂するように価格が乱高下することです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。