6月末の東証マザーズは4日続伸。そーせいグループが大幅高に

【新興株ハイライト】2016年6月30日

新興株市場の振り返りーマザーズ指数は4日連続でTOPIXに対してアウトパフォーム

2016年6月30日の新興株市場は、JASDAQ指数が対前日比+0.7%上昇、東証マザーズ指数が同+2.4%上昇となりました。TOPIXは▲0.2%下落でしたので、本日はマザーズ指数はTOPIXに対して大きくアウトパフォームしたことになります。

マザーズ市場の出来高は6,118万株、売買代金は1,728億円で、前日比では出来高は微減、売買代金は増加でした。一方、値上がり銘柄数は130、値下がり銘柄数は95、変わらず6銘柄でした。

続きを読む

マザーズ時価総額トップ3社は揃って上昇

マザーズ時価総額トップ3社は、そーせいグループ(4565)、CYBERDYNE(7779)、ミクシィ(2121)がそろって上昇でしました。

マザーズでの売買代金上位3銘柄は、そーせいグループ、農業総合研究所(3541)、キャリア(6198)でした。

マザーズの上昇率トップは、ビッグデータ活用コンサルのALBERT(3906)で同+25%上昇(ストップ高)、2位は産直野菜販売の農業総合研究所(3541)で同+19%上昇(ストップ高)、3位はゲーム技術者派遣のエクストリーム(6033)で同+18%上昇でした。

一方、下落率トップは、M&A仲介のストライク(6196)で同▲9%下落、2位は転職情報サイト『キャリコネ』を運営するグローバルウェイ(3936)で同▲8%下落、3位はソフト開発のAWSホールディングス(3937)で同▲6%下落でした。

7月1日の着眼点

30日の東証マザーズ指数は前日比+23.84ポイント上昇し、1,009.48ポイントで引けました。本日の上昇はマザーズ時価総額最大のそーせいグループが急伸したことが大きく寄与しています。終値で節目である1,000 ポインを約半月ぶりに超えて引けたことや、前日に初値が公開価格割れでの上場となったコメダホールディングス(3543)は同+6%上昇で引けたことから、市場のムードは悪くありません。この流れを月替わりの7月1日も続けることかは、物色対象が、時価総額トップのそーせいグループ以外にも広がるかがカギになると考えます。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。