インデックス投信も万能でない!データに見る、つみたて投資の残念な結果

しかし、仮に20年間に渡って、毎月つみたて投資をしても、超過収益は23%に過ぎず、その年間平均リターンも1.1%に過ぎません。日本は長らくデフレであったことを考えれば、「プラスだけいいじゃない」というようなコメントもあるかもしれませんが、「株式のリスクをとってこのリターンかと落胆する方も多いかと思います。

日本株インデックスファンドの不都合な真実

また、2013年以降につみたて投資を始めたケースでは、いずれのケースでもマイナスのリターンとなっています。

「時間分散したのになぜ」という声も聞こえてきそうですが、これがTOPIXを毎月つみたて投資した実績です。

2012年末からアベノミクスとして株式市場も元気を取り戻した感はありますが、個人投資家が2013年から毎月つみたて投資をしていて、現在がハッピーかというと厳しい状況といわざるをえません。

この原因は一つには、日本株式が「循環株」といわれるように、上がったり下がったりを繰り返すだけで、継続的に成長しない資産だからともいえます。つまり、つみたて投資をする対象の選択を間違えたともいえます。

インデックスファンドにも運用費用が掛かる

また、先ほど見てきたケースでは信託報酬を考慮していません。ですので、実際のパフォーマンスは先の例よりも下回るということは付け加えておきます。

信託報酬は「マイナスの複利」です。毎日毎日、皆さんの資産から差し引かれることになり、信託報酬が安いのが良いのは当然です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX