「東大卒なのに低収入」に甘んじる人の3つの共通点

筆者は様々なビジネスを手掛けていますが、その中で「東京大学出身者」の経営者やフリーランスと出会います。彼/彼女らの中には、年収1億円を超えている人がいる一方、300万円前後で時折、アルバイトのような単発の仕事をして生活費を稼ぎながら自分の事業の芽を育てる人もいて、「稼ぐ力」に大きな差を感じます。

学歴の世界では圧倒的な存在感を放つ「東大卒」。しかし、ビジネスの世界においては必ずしも、全員が勝ち組になっているわけではないのです。今回は「稼げない東大卒」に接して感じた共通点をお話しします。

続きを読む

東大卒の平均年収はたしかに高いが…

最高学府・東大卒と言えば、誰もがその名を知っているエリート集団。OpenWorkの「働きがい研究所」(※)が行った調査「出身大学別年収ランキング」によると、東大出身者の30歳時年収は810.9万円となっています。想定年齢が30歳と若いですが、想定年収は800万円以上です。また、30位と240万円ほどの差がついていることからも、「勝ち組」というイメージを持っている人が多くいるものと考えます。
(※)対象:OpenWorkへ登録があった年収および出身大学データのうち、50件以上のデータがあった大学100校、1万8,651人。期間:2018年3月~2019年7月。大学院は除外し、各大学出身者の年収と年齢の分布から30歳時想定年収を算出している。

しかし、東大卒を神格化する人たちからすると、「もっとブッちぎって高収入と思っていた…」という印象を持つ方もいるかもしれません。ここでの平均30歳時年収は626.45万円となっていますが、東大卒だからといって、平均年収の4倍も5倍も稼いでいるわけではないのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
黒坂 岳央(起業家/投資家/ジャーナリスト)

シカゴの大学へ留学し会計学専攻。大学卒業後、東京で会社員を経て独立。
フルーツギフトのビジネスに乗り出し「肥後庵」を代表。
ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。
資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。
英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!