3カ月で「お金が貯まる人」になるために絶対やるべき4つのこと

お金を貯めようと意気込んでも、結局うまくいかずに終わってしまうという人もいるのではないでしょうか。たしかに、「うまくいくお金の貯め方」を確立しないとなかなか貯められられないものです。そこで今回は、3カ月でお金が貯められるようになるヒントを4つ紹介します。

1. 徹底的なしくみ化

まずやることは「しくみ化」です。貯金ができる時とできない時があるという人は、しくみ化がうまくいっていないのでしょう。そうした場合は、できるだけ手間をかけないで、可能ならお金を貯めていることを忘れるくらいにしくみ化してしまいましょう。

続きを読む

やり方はいくつかあります。1つは、決まった日に決まった金額を自動で振り替えてくれる自動振替サービスを利用することです。

筆者の場合、毎月27日に給与口座からソニー銀行に自動振替してくれる「おまかせ入金サービス」を利用しています。三菱UFJ銀行なら「定額自動送金サービス」、みずほ銀行なら「自動送金サービス」というサービス名称で同様のサービスを展開しています。

これを利用すれば、毎月忘れずに決まった額を貯金専用口座に入金することができるというわけです。利用する貯金専用口座は、使い勝手がよく、金利が高いところを選ぶのがポイントです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。