「巣ごもり消費」で減る支出・増える支出とは?

copy URL

「家計簿」をスタートするチャンスでもある

固定費を改善した後は、生活費にも着手しましょう。そのうえで重要なのは、「家計簿をつけて項目ごとの支出額を把握すること」。正確な収支のバランスを知るためにも、途中で投げ出すことなく家計簿を記録する必要があります。

そこで、一般的なノートタイプのものではなく、家計簿アプリを使うのもよいでしょう。家計簿アプリなら、買い物をしたあとにレシートを読み取るだけで記録されるため、わざわざ家で記入する必要がありません。なかには、クレジットカードや電子マネー、銀行、通販サイトなどと連携できるアプリもありますよ。

また、自動販売機や切符などはレシートが発行されないため、つい家計簿に記録し忘れてしまう場合も珍しくありません。その点、家計簿アプリなら外出先でサッと記録できるので、記録モレが発生しにくいというメリットも得られます。

さらに、より節約意識を高めるために「今日はいくら使ったのか」「今月はあといくら使えるのか」をこまめにチェックしておきましょう。会社からの帰りや寝る前など、家計の状況を見直す時間を用意してみては。

「巣ごもり消費」のその後…

これまで節約が長続きしなかったからといって、「私は節約ができないタイプだ」と諦める必要はありません。「巣ごもり消費」だからこそ、お金の流れを見直すチャンスです。自分に合った方法で取り組めば、節約をうまく習慣化できるはずです。

前述のカンムの調査では、「COVID-19の影響が落ち着いたら、支出は?」との問いに「増えると思う」と回答した人が35%いました。もしCOVID-19が収束したらやりたいことがたくさんあるはずです。そのための予算を確保して、楽しみにしながら、今はじっと耐えましょう。そして節約の習慣はCOVID-19収束後も継続できるようにしたいですね。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。