感染症の流行時に親睦会を強行しようとする上司に部下がとった行動は!?【マンガ記事】妄想シャイン

 

 

とある会社に勤務する中堅社員の主人公。今年は全国的に感染症が流行。感染拡大防止を目的として、各種イベントなどの自粛が続く中、主人公が所属する部署では、係長主催のバーベキュー大会が来週に迫っていました。

流行中の感染症の感染経路は、はっきりと特定されてはいないものの、飛沫感染や接触感染が疑わしいとされていることから、できれば今回は開催を見合わせてほしいと考えた部下たち。そこで、主人公が代表して、係長にバーベキュー大会の中止を提案しました。すると係長からは、「そんなん、気をつけてれば平気だろ。せっかく親睦を深めるためのイベントなんだ。マスクでも何でも対策して参加しろよ。」との返事。どうやら実施をする気満々のようです。

よくよく考えれば、係長が感染症対策への意識が薄いのは前々から(14話参照)。今回も部下全員がマスク着用で業務を行っているというのに、係長は持ってないのか手に入らないのか、あいかわらずマスクなし。別の対策をしているという気配もありません。「あんたは、いつもノーガードじゃん…。」と心の中でつぶやく主人公。そこで、いつものごとく脳内で妄想スイッチが入ります。

バーベキュー大会の会場。ラフな私服姿で集合したの係長の周囲には、防護服(?)と思しき完全防備のメンバーがわらわらと集まってきます。「なんだ君たちは!」と驚く係長に対し、「完全防備で来ました。食べ物から感染するといけないので。あ、あと僕たちは自分で持ち込んだものを食べますから、係長は網で焼いた肉を、存分に味わってください。」と伝える、完全防備の主人公。後ろでは、同じ格好をした新人女子が、大きく頷きます。

そして、ついに始まったバーベキュー大会。中央には、ひたすら肉を焼いては口に運ぶ係長。それを取り囲むように、完全防備のメンバー。…はたから見ると、ちょっと異様な光景です。

「うーん、怪しい団体と間違われそうだな…。」(妄想終了)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

Web漫画作家、WEB漫画とWEB小説の新都社にて2008年スコッティ名義でデビュー、現在ライブオブジョブ連載中。
著作に「リリースニートキャンプ」「クウォーターウォーターライン」などがある。

【マンガ記事】妄想シャインまとめ