会社が突然テレワークに!「集中できる環境」作り、そのコツとは

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、急遽テレワークとなった人が多く見受けられるようになりました。もともと政府では、オリンピック期間中の混雑緩和を目的にテレワークを推奨していましたが、思わぬ形でテレワークの導入が加速しています。

社会全体から注目が集まっている、テレワークという働き方。そこには、どのようなメリットや注意点があるのでしょうか。

「テレワーク」は3種類ある?

日本テレワーク協会によると、テレワークとは「情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと」。

続きを読む

また、働く場所によって3つに分けられるようです。

在宅勤務

自宅で働くこと。会社とは主にパソコンとインターネット、電話などで連絡を取る。

モバイルワーク

顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使って会社と連絡を取りながら働きます。主に営業などで外回りが多い人が、この働き方になるようです。

サテライトオフィス勤務

勤務先以外のオフィススペースに出社し、パソコンを利用して働きます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。