「Netflix」「定額カルモくん」より広がりを見せているサブスク、どこまで活用できている?

文部科学省は、臨時休校中の児童や生徒に対し基本的に自宅で過ごすよう求めるとともに、子どもたちが不要不急の外出をしないよう呼びかけています。若者の中には、日中に繁華街へ出かける姿もあるようですが、大半は自宅で時間の使い方に困惑しちる方も多いのではないでしょうか。

そんな中、よりサブスクの利用が広がりを見せています。サブスクとは、サブスクリプション(subscription)の略で、「定額制サービス」のことを意味します。商品やサービスを一定期間利用できる”権利”にお金を払うのが、サブスクの特徴です。

続きを読む

動画や音楽、マンガなどが視聴できるサブスクに加えて、美容院やカフェなど実店舗で利用できるサブスクも増えてきています。賢く活用すれば節約になるサブスクですが、使い方次第では逆効果になることもあるようです。

どんなサブスクがあるの?

はじめに、代表的なサブスクをいくつかピックアップして内容をご紹介します(料金はいずれも2020年3月6日時点)。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。