知らずにやってた…では許されない「子連れ様」と呼ばれないために必要なマナー

copy URL

赤ちゃん連れの場合、外出先でも突然授乳をしなければいけなくなったり、おむつ交換をしなければいけないという場面に遭遇します。ですが、お出かけ先に常に授乳スペースやおむつ交換のスペースが設けられているわけでありません。
そのため、人前で授乳やおむつ交換をするママもいますが、ちょっと待ってください。それは周りの人への配慮を欠いた行為になっていないでしょうか?

「授乳ケープで隠しているんだから、どこで授乳しても大丈夫」
「飲食店の中だけど、他のお客さんから死角になっているOK」

そんな判断で、公共の場で授乳やおむつ替えをしているのなら、それは今一度自分の公共マナーを見つめ直す必要があるのではないでしょうか。ママにとっては日常的な行為でも、周囲の多くの人にとって、授乳やおむつ替えは非日常的な行為です。いくら隠れているとは言え、授乳している姿を見たら目のやり場に困ります。それが男性ならなおさらです。

おむつ替えについても、見えないからと言って飲食の場でおむつを交換するのは、他のお客様に失礼です。食欲が無くなってしまう人もいるかもしれません。

赤ちゃんにとって授乳やおむつ交換が必要なことは重々分かります。ただ、大勢の人が集まる場では、ちゃんと周囲への配慮を忘れない姿勢が大事なのではないでしょうか。

問われる「スマホマナー」

今は多くの人がスマホを持っています。そのため、様々な場所でスマホを使う上でのマナーが求められています。例え子どもを連れているママであっても同じこと。またママの場合には、そのスマホのマナー違反から子どもの命を危険にさらしているように見える場面も見受けられるのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。