「貯蓄0円」世帯の割合はどれくらい? ゼロから始めるお金の貯め方

それに対して、上記のケースの中央値は「50万円」。つまり平均値よりも中央値で見た方が、世帯全体の実感に近づいていることがわかりますね。

それでは、実際に年令別の金融資産保有額の中央値がどのようになっているのか見てみましょう。

世帯主の年令別 金融資産保有額の中央値

拡大する

出典:「2019年家計の金融行動に関する調査」を参考に編集部作成

いかがでしょうか。いきなり「2000万円貯める!」などと考えるよりも、取り組みやすそうな気がしてきませんか。

まずはこの中央値を目安に貯蓄を始めてみて、徐々に「老後資金2000万円を達成するために、月々5万円貯める」など目標を高めていけば、途中で挫折しにくくなりますよ。

おわりに

将来に備えるための貯蓄を増やしたいときには、いつ何のためにいくら必要なのか、具体的な目標を立てることが大切です。

ですが、現時点の貯蓄がゼロでお金を貯める習慣が身に付いていないという人は、いきなり高い目標を立てて貯蓄に取り組むというのはなかなか難しいものです。

まずは「自分と同年令の中央値」という達成しやすい目標から始めて貯蓄する習慣を身に付けてみましょう。すると、最終的な目標も達成しやすくなるはずですよ。

【参考】
・「国民年金保険料の変遷」(日本年金機構)
・「家計の金融行動に関する世論調査(時系列データ)」(知るぽると 金融広報中央委員会)

貯蓄とは

総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧日本郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

吉田 浩絵

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

約10年間セラピストとして活動後、IT企業での勤務を経て、現在はフリーランスライターとして、お金に関する記事を中心に 執筆・活動中。
むずかしいお金の話をわかりやすくお伝えします。