「貯蓄0円」世帯の割合はどれくらい? ゼロから始めるお金の貯め方

これだけ納める税金や保険料が上がっている現状では、この結果も仕方のないことなのかもしれません。

しかし、「仕方ない」とあきらめていては、まとまったお金が必要になったときに困りますよね。それでは、貯蓄を増やしていくにはどうすればよいのでしょうか。

注1:本調査における「金融資産」は預貯金のほか保険、有価証券、その他金融商品を含む(ただし「運用の為または将来に備えて蓄えている部分」とされ、日常生活に使われる預貯金は含まれない)。
注2:金融資産の有無は、2017年までは、回答者が「保有している」と「保有していない」から選択。2018年からは、a.問1(b)で10(いずれも保有していない)を選択した世帯と、b.問1(b)で1(預貯金)のみを選択し、問2(a)で1(預貯金の合計残高)の「うち運用または将来の備え」がゼロないし無回答の世帯をそれぞれ「金融資産を保有していない世帯」(金融資産非保有世帯)としている。

具体的な目標を立てることが重要

将来のための貯蓄を増やしたいときには、「いつまでに」「何のために」「いくら必要か」を具体的に考えることが大切です。目標があやふやだとそのための意識が高まりにくく、「来月からでいいか」といつまでも引き延ばしてしまったり、必要な時期までに十分な金額が貯まらなかったりすることもあります。

一方、「30歳から30年後の60歳までに、老後資金として2,000万円貯める」など、はっきりした目標があればどうでしょうか。「年間約66万6,700円、月々約5万5,560円を貯める必要がある」というように、今するべきことが明確になるので行動を起こしやすくなります。

また、「月に5万5,560円も貯めるのは無理…」などの問題点も見えてきますし、問題点がわかれば「月々の金額を3万円にして、ボーナスを全額貯めよう」など、解決方法も考えられますね。

何歳くらいにいくら必要になるのか、具体的に自分の将来をシミュレーションしてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

約10年間セラピストとして活動後、IT企業での勤務を経て、現在はフリーランスライターとして、お金に関する記事を中心に 執筆・活動中。
むずかしいお金の話をわかりやすくお伝えします。