「学童」から一人で帰るのは当たり前? 暗い道を行く小さな背中につのる不安

「学童(学童保育)」は、小学生の子どもを持つ共働きの親にとって、なくてはならない場所。小学校低学年で、まだまだ一人で留守番させるには不安な時期も、学童を利用することで安心して仕事を続けることができます。

その反面、学童に通っていない子どもたちより帰宅時間が遅くなる、という心配事が出てくるのも事実。日没時刻が早い季節には、薄暗くなった道を一人でとぼとぼ歩く小学生を見かけることもあります。

今回は見ているこちらが不安になってしまう、学童からの帰宅問題にスポットを当てて考えてみます。

続きを読む

早すぎる学童の終了時間

保育園や幼稚園の延長保育などを利用して、フルタイムもしくはフルタイムに近い勤務時間で仕事をしている人は少なくありません。保育園や幼稚園の延長保育の場合は、19時ごろまで預かってくれるところも多く、働く親にとってなくてはならない場所です。

しかし、子どもが小学校へ上がると、それまでの生活は一変。いわゆる“小1の壁”が、突如目の前に立ちはだかることになります。

地域によっても違いがあると思いますが、市などが運営する学童や児童館は基本的に18時ごろまで。そして、17時や17時半を過ぎる場合は、保護者が迎えに行かなければならない原則になっていることが多いと思います。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

スポーツ推薦で入学した短大を卒業後、生命保険の営業やフィットネスジムのインストラクター、コールセンター勤務などを経験。出産後、新たな分野にトライすべくライターとしての活動をスタート。恋愛系・お金系・子育て系など、さまざまなジャンルの記事を、「くらしとお金の経済メディア LIMO」や「moneliy(マネリー)」などのメディアに執筆中。