新型肺炎でスシローの27カ月連続成長は止まるのか? 回転寿司業界にも迫る脅威

写真はイメージです

回転寿司チェーン店「スシロー※」の成長が続いています。人口減少で小売業を取り巻く環境が悪化しつつある中、スシローの既存店売上高は2020年1月まで27カ月もの間プラス成長を続けており、増収増益を達成しています。

しかし1月に新型肺炎発生が報道されて以来、感染の拡大が続いており、回転寿司業界もその影響を避けられそうにありません。新型肺炎問題がスシローの快進撃をストップさせてしまうのでしょうか?

※社名は「株式会社あきんどスシロー」、スシローグローバルホールディングス(3563)の傘下企業。

続きを読む

回転寿司業界の王者・スシローの堅調な業績

競争が激しい回転寿司チェーン店ですが、王者スシローの成長性は際立っています。2019年9月期の業績(IFRSベース)は下記の通り増収増益を達成しました。

  • 売上収益1990億円(対前年比+13%増)
  • 営業利益145億円(同+24%増)
  • 当期利益99億円(同+24%増)

一方、ライバル2社の業績は次の通りです。

くら寿司(2695) 2019年10月期

  • 売上高1361億円(対前年比+2.7%増)
  • 営業利益54億円(同▲20%減)
  • 当期純利益37億円(同▲26%減)

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て独立。株式市場や為替市場分析を得意とするが、為替市場の相対的な値動きに魅了され、現在は主にFXトレードを手掛けている。投資会社での勤務時に培った分析力とレポーティング力を活かし、ライター業にも携わり複数媒体にも寄稿中。金融や企業分析を始めビジネス系のライティングを得意とするが、登山や食べ歩きが趣味でグルメ記事等の柔らか系の記事も執筆している。