ご近所さんの”逆マウンティング”に困惑。謙遜の裏に隠れている本心は?

なぜそこまで下手に出るのか?

Xさんの「いいわね〜」は次第にエスカレートし、Aさんの夫の会社と自分の夫の会社の規模の違いなどまで話題にするように。ごく普通のご近所付き合いをしたかったAさんは、徐々にXさんとの会話を楽しめなくなっていきました。

夫婦仲も良さそうで元気な子供達に囲まれた生活を送るXさん。それなのに、なぜここまで自分を卑下するのか不思議だったAさんは、会話をする時は注意深く観察するようになりました。

ある日、Aさんが同じマンションに住む別のママ、Bさんと立ち話をしていたときのこと。買い物帰りのXさんが通りかかり、「そういえば小学校から不審者情報があってね」と声をかけて輪に入ってきました。その様子をじっくり見たAさんは、Xさんがへりくだった言い方をすることで相手の出方を探っていることに気がついたのです。

会話の途中、Xさんが普段使用している化粧品はドラッグストアで買えるお手軽品という話を始めました。実はBさんはデパートで美容部員として働いています。Xさんはそれを知った上で、Bさんが上から目線で返答してくるかどうか、あえて化粧品の話を振ったのです。

これも1つのコミュニケーション法なのかと思う反面、Xさんとのこれまでの会話を振り返ると、同じような状況が作られていたことがわかりました。かなりブラックな心を持っていると感じたAさんは少しずつ距離を置くよう、ゴミ出しや外出の時間をずらして顔を合わせる機会を減らしていったといいます。

ちょうどその頃、予定より早く次の転勤の内示が出たためAさんは急遽引っ越すことに。Xさんとの近所付き合いに疲れてきたこともあり、渡りに船とばかりに大喜びしたそうです。引っ越し当日、Xさんは最後まで「いいわね〜」を連発してきましたが、Aさんは満面の笑みで「さよなら」と手を振ったのでした。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

元塾講師。現在は3人子供の子育てをしながら執筆活動をしている。子育てと自分の経験を活かし、教育に関する情報を発信。