新生活が始まる前に見直したい、「無意識なムダづかい」4選

春に向けて、そろそろ新年度の準備を始めようか…という今の時期は、家計の見直しをする良いタイミングです。日々節約のための工夫を重ねているのに、「なかなかお金が貯まらない」と感じている人は、お金にまつわる何気ない習慣に原因があるかもしれません。

今回は、そんな「貯まらない人あるある」なお金にまつわる習慣をご紹介しています。今の自分のお金との付き合い方を見直して、節約上手になるための参考にしてください。

お金を頻繁に引き出しがち

続きを読む

「つい最近、口座からお金を引き出したばかりなのに、いつの間にか財布が空っぽだった!」ということはありませんか?そんなときには、当然空のままの財布を持ち歩くわけにはいかないので、また銀行やコンビニのATMへお金を引き出しに行きます。

不定期にお金を引き出して、特に財布の中の残金を気にせず使い、空になりそうなタイミングでまた引き出しに行って…というサイクルを繰り返しているうちに、いつの間にか今度は口座のほうが空になっていた、なんてことにもなりかねません。この「お金を頻繁に引き出しがち」な癖こそ、「貯まらない人あるある」な習慣の一つです。

自分にも当てはまると感じた人は、思い切って、お金を引き出す日を「〇日に一度、月に〇回だけ」と決めてみましょう。望ましいのは「給料日にまとめて一度引き出して、予備日としてもう一度だけ、計2回」の形です。

給料日に引き出したお金は、毎日の食費や日用品費、自分のおこづかいなど用途ごとに分けて、個別の封筒や財布に入れておきます。そして、毎日その中から「今日使う分だけ」をメインの財布に移して持ち歩くと良いでしょう。

「お金はなくなったらその都度引き出す」という習慣を改めて、「自分で決めたタイミングでまとめて引き出し、そのなかでやりくりしながら計画的に使っていく」というメリハリを意識してみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。