2月13日は「NISAの日」!「新・NISA」は何が違うの?ポイント総まとめ

2月13日は「NISA」の日です。「NISA」の普及に役立てようと2014年に一般社団法人日本記念日協会によって認定されたもので、ニーサ(213)の語呂合わせからこの日が選ばれました。

「NISA」は非課税枠を利用した少額投資の制度ですが、2020年度税制改正大綱に見直し案が盛り込まれ、2024年に「新・NISA」(仮称)として生まれ変わることになりました。

今回は、「新・NISA」の概要や「つみたてNISA」・「iDeCo」との違いをまとめてご紹介します。

続きを読む

「NISA」についてのキホンのお話

「新・NISA」のお話をする前に、現行の「NISA」についておさらいしておきましょう。

「NISA(ニーサ)」は正式名称を少額投資非課税制度といいます。少額から株式や投資信託などの金融商品に投資ができる点と、投資から得た配当金や分配金、譲渡益に非課税枠が利用できる点が特徴です。

「NISA」は「一般NISA」と「つみたてNISA」、そして未成年者向けの「ジュニアNISA」の3種類があり、成人向けの「一般NISA」と「つみたてNISA」はどちらか片方しか利用できません。このうち2024年に仕組みが変わるのは「一般NISA」です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。