「婚活、やめました!」その理由と、おひとりさまの不安なお金のはなし

・「婚活アプリに課金したり、参加料を払ってお見合いパーティーに参加したりと、お金をかけながら結婚相手を探していました。トータルにすると、何十万円も費やしています。しかし、男性からのアプローチはほとんどないまま…。今はもう諦めたので、アプリやパーティーを利用していません。

今思うと『これだけお金を払ったんだから結婚できるはず』と思い込み、受け身になっていたのだと思います。大切なのは払った金額ではなく、積極的に行動することなのに…」

・「『大卒の年収500万円以上で、転勤がなく安定した仕事に就いている175cm以上の男性』という条件を掲げて婚活をしていました。結婚相談所の方に『どこか妥協できる項目はありますか?』と聞かれましたが、『せっかく入会したのに妥協をするなんて…』と条件は変えないことに。

その結果、条件に合う人はほとんど見つかりませんでした。せっかく素敵な人に出会えても、次のデートに繋げられずに終わるパターンばかり。婚活は実ることなく、結婚相談所を退会しました。条件に優先順位を決めておけば、結婚のチャンスがあったかもしれません」

婚活でお金も時間を費やしていると、つい『ここまですれば結婚できるはず』『妥協はしたくない』と思ってしまいがち。しかし、高すぎる理想や『お金さえ払えばなんとかなる』という考えは、婚活を難航させてしまいます。

まずは現状を見つめなおし、条件や積極性に問題がないかをチェックすることが大切です。ときには結婚相手に求める条件を緩める、自らアプローチするなどの行動も必要かもしれません。

「おひとりさま」を選択したら…

ときには、「どうしても婚活がうまくいかない」という場合もあるでしょう。無理して婚活を続けるぐらいなら、おひとりさまの人生を歩むのも1つの選択肢です。その場合は、1人でも生きていけるよう、老後の備えを万全にしておかなければなりません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。