人事担当者4人に聞いた「中途採用の面接で印象に残った人」の特徴

人手不足が叫ばれる中、最近ではようやく好待遇で有能な人材を他社から連れて来ようという動きも出てきたようです。そんなタイミングだからこそ、転職を検討している人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、採用活動の中で面接官の印象に残った人の特徴についてご紹介します。

ある意味「遠慮がない人」

金融機関で人事担当をしているAさんは、「面接という場であえて遠慮がなく、どんどん質問してくれたり、自分の本音を聞かせてくれたりするほうがうれしいし、興味が湧く」と話します。

続きを読む

今までで最も印象に残っている人について聞くと、「あるとき、競合他社で働いている女性の中途採用面接をした。彼女は業界内に知り合いが多い様子で、年齢の割に金融機関業界の動向に詳しかった」と言います。

また、「飾らない人柄にも好感が持てた。『なぜ今の会社を辞めようと思っているのか』と聞いたとき、現状のプラス面とマイナス面をきちんと自分の言葉で話してくれるのがよかった。話自体も面白くて、自分も面接ではありえないくらい笑いながら話を聞いた」とのこと。

「うちの会社をどう見るかという話では、いいことも悪いことも全部話してくれた。普通はいいことしか言わない人が多いけれど、率直に話してくれてむしろ勉強になった」と言います。情報収集能力があり、自分の考えを的確に伝えられる人は人事担当者からしても貴重な存在に感じられるものかもしれません。

ちなみに、同業他社への転職の場合、1〜3カ月程度の期間をあけるのが暗黙のルールとなります。そのため、退職時期が3カ月先の日付になるということもありますので、同業他社への転職を検討している場合は注意が必要です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

FP保有の金融系ライター。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。