新型ウイルス肺炎の懸念拡大!日経平均株価の23,000円割れは3カ月ぶり

【東京株式市場】 2020年1月30日

株式市場の振り返り-日経平均株価は大幅反落、終値は約3カ月ぶりに23,000円割れ

2020年1月30日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,977円(▲401円、▲1.7%) 大幅反落
  • TOPIX 1,674.7(▲25.1、▲1.5%) 大幅反落
  • 東証マザーズ株価指数 811.7(▲26.0、▲3.1%) 大幅7日続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:296、値下がり銘柄数:1,819、変わらず:40
  • 値上がり業種数:1、値下がり業種数:32
  • 昨年来高値更新銘柄数:32、昨年来安値更新銘柄数:70

東証1部の出来高は13億6,771万株、売買代金は2兆5,135億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。前日に一旦和らいだ新型ウイルス肺炎の懸念が復活し、リスクオフモードが加速しました。

引き続き様子見スタンスの投資家も多かったようですが、大引け間際にTOPIXの浮動株比率見直しに伴う売買があり、結果的に出来高と売買代金を押し上げました。売買代金は2兆5,000億円超えの水準となっています。

続きを読む

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。