「1年で100万円貯金」は意外とむずかしい…今年こそ!達成するための3ステップ

みなさん、去年はどのくらいお金を貯めることができましたか?思うように貯められなかった方もいれば、そもそも貯金に対する意識をしていなかった方もいるのではないでしょうか。

そのような方こそ、今年は貯金に挑戦する1年にしてみては。思い切って、「1年で100万円貯める」という目標を掲げてみるのもいいですね。今回ご紹介する貯金のヒントを参考に、目標達成を目指しましょう!

やっぱり「まずは100万円!」と思う人が多い

続きを読む

㈱じぶん銀行が行った「資産運用に関するアンケート」(対象者:全国のビジネスパーソン20代~40代の男女500名、期間:2019年12月17日~12月20日、方法:WEBアンケート調査)によると、「2020年の1年間で目標とする貯蓄額」を質問したところ、もっとも多かった回答が「100万円以上200万円未満(26.6%)」、続いて「50万円以上100万円未満(24.2%)」となったようです。

また、貯蓄の理由でもっとも多かった回答が「老後資金(47.4%)」となりました。2019年は金融庁の「老後2000万円問題」が話題になったこともあり、老後資金を意識的に貯蓄しようと決意した人が多かったようですね。

1年間の貯金のペースを掴もう

一口に貯金といっても、そのペースは人によってさまざま。家庭の状況によっては、一定のペースで貯めるのが難しいケースもあるはずです。そこで、まずは家庭ごとのお金の流れを掴み、自分に合った貯金のペースをイメージしましょう。そのステップは以下の通りです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。