還元率の高いお得なキャッシュレス決済活用ワザ3選

節約の達人が伝授!

6.5%の内訳は以下のとおりです。

  • 楽天カードでの楽天ペイ決済…1%(楽天スーパーポイント)
  • 楽天ペイ決済…0.5%(楽天スーパーポイント)
  • キャッシュレス・消費者還元事業による還元…5%還元(楽天スーパーポイント)

なんと、こちらの方法なら上記で紹介したように還元先が2ヵ所に散らばることなく、すべてが楽天スーパーポイントとして還元されるというメリットがあります。普段から楽天のサービスを利用している方は、ポイントを有効活用することもできるので嬉しいですね。

まとめ

このようにキャッシュレス決済は、キャッシュレス・消費者還元事業の5%還元対象店を利用するのはもちろんのこと、チャージするときに使うクレジットカードを工夫したり、さらには店舗ごとにTカードやPontaカードなどのポイントカードを決済時に提示することで、ぐんぐん還元率を高めることができます。

本記事で紹介した3つの組み合わせ以外にも、お得な組み合わせがまだまだ隠れているかもしれません。頻繁に利用する店舗があるという方は「この店舗ではどのクレジットカードと相性がよいのだろう?」「ポイントを貯めることはできるのかな?」と自分にあった“お得”の手がかりを探してみてはいかがでしょうか?

【参考】
PRESS RELEASE」(PayPay)
お知らせ - Yahoo!カード」(Yahoo! JAPAN カード)
d払い 生活応援キャンペーン」(dPOINT CLUB)

タナカ チアキ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

クレジットカード・投資(株・FX)など、お金にまつわる記事を多数執筆するフリーライター。お金のスキルを基に、女性ならではの目線で賢くやりくりするための節約方法についても発信していきます。