TikTokでの「かわいい」が基準⁉小6女子カースト制度の実態

そんな環境もあるので女子を意識するタイミングは早まるばかりです。冬でも短パンを履いている女子や、肩にスリットがある服を着ている女子にドギマギしている男子もいます。小6にしてハニートラップに引っかかっているのか?という風情です。

カースト上位の子にこびるAちゃん

見た目のいい女子に男子の「目」が集まるのと同様に、クラス内の「権力」も集まります。そうするとその権力にぶら下がろうとする女子も出現します。そんなカースト上位の子に忖度しているA子ちゃん。そこに誰か邪魔者が入ろうものならお構いなく排除するんだそうです。

いつの世も女子ワールドは同じだけど、巧妙になってきる

いつの世も、どの世界も、女子の世界はドロドロしています。看護師や保育士などなかなかドロドロしているというママ友の話も聞いたことがあります。なので、小6女子の人間関係がドロドロなのは致し方なく、更にティックトックやLINEなどの「SNS」で流れる情報が拍車をかけています。スマホを渡してあればその中でいくらでもどんな情報でもゲットできるところが、ママ達が子供の頃とはちょっと事情が違うところです。

自意識が先行してしまう思春期の女子は干渉はし過ぎないけれど、親の見守りが大切な時期だと三姉妹の母である筆者は感じています。怖い大人もいる時代ですので、そこから守るのも親の役目ですね。

参考:東京都医学総合研究所「心の健康プロジェクト

堀田 馨

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
堀田 馨

小中高の3人の娘を持つ40代のワーキングママライター。
受験や塾などの教育から、育児や老後の問題まで、またそれにまつわるお金についてを専門に執筆しています。
「困った!をやっつける」「中学生でも分かる文章」をモットーに、世間のママが困らない書き方を心がけています。

好きなこと:鉄道、旅行、ビール、落語、ジャズ、バンド活動。
地元小学校の学校支援コーディネーターとしても活動中


運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE